2008年に結婚。新米サラリーマンが夫婦で株式投資やってます。
証券会社比較
長所・短所を知ろう!
証券会社の紹介記事です。

SBI証券 おすすめ
マネックス証券 情報豊富
楽天証券 最強ツール
丸三証券
カブドットコム証券

月別アーカイブ
↓月別に20件ずつ表示します↓
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(株初心者)   (サラリーマン投資家)
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
こんばんは。

今日は私のメイン保有銘柄であるリソー教育について書きます。

以前書いた通り、以下の材料性があるため、保有しています。

1.2月期の本決算での黒字転換
2.東証の注意銘柄解除
3.継続企業前提の注記の解除
4.復配

1の黒字転換はほぼ確実と思っています。
4Q(12月~2月)は冬期講習など授業コマが増える時期ですから、夏期講習のある2Q(6~8月)とほぼ同等の利益が稼ぎ出せるはず。
会社は営業利益が4Qにほぼ出ない前提の通期予想になっていますが、翌年度の広告宣伝費等を加味しても保守的すぎると思います。
なので、上方修正はあったとしても、赤字転落の可能性はないと言えます。

2の特設注意市場銘柄の解除は、これもあとは書類の審査期間が必要なだけで、時間の問題と考えます。
不祥事があったことで、外部のコンサル等も入っているでしょうし、
コンプライアンス体制は下手な企業より整備されていると考えます。
よって、東証に解除が拒否される可能性は極めて低いと考えます。

3は少しおいておいて、4の復配について先に書くと、
個人的には復配の可能性は低いのではないかと思っています。
なぜなら、前回発覚した不正で、結果的に違法配当になったことを考えると、
東証の特設注意銘柄解除の審査が終わらない限りは、配当を出すという意思決定は、社会通念上できないはず。
おそらく株主総会の議案(配当)の提出時期のほうが、東証の審査結果が出るより早く、
当期の配当決議に間に合わない可能性がないのではないかと思ってます。
また自分が経営者だとしたら、会社の財務基盤をまずは固めて株主に長期に安心してもらう方がよいと思いますので、
今の段階では配当しないと思います。

さて、最後の3の継続企業の前提の疑義注記の解除の可能性についてです。

最新版の四季報には下記の記述があります。

---------------------------------
(四季報より)
・・・・営業CFマイナスが解消せず、継続疑義注記
---------------------------------

まず、営業CFマイナスが解消しなければ、継続疑義注記がとれないような書き方のように読めますが、これは不適切であることがわかりました。
(私は、四季報は記者がよくわからないまま、見聞きしたこととをコピペで書いてあるので、基本的に信頼していません。)

継続企業の前提の注記の条件について調べると

「貸借対照表日において、単独で又は複合して継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在する場合であって、当該事象又は状況を解消し、又は改善するための対応をしてもなお継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められるとき」

とあります。営業CFマイナスは一つの例示として上がっているだけで、たくさん例示されている判断要素の一つに過ぎず、あくまで「重要な不確実性が認められるかどうか」ということが最終的な判断基準となります。定量的なものではありません。

この点、リソー教育は、土地売却や広告宣伝費の抑制などで手許資金を確保し、
キャッシュフロー計算書は第2四半期の時点で大幅な黒字です。手元資金は第3四半期で40億円もあります。
なのに、営業CFがマイナスなのは、前期末からの前受金の減少約20億が原因です。
これはおそらく、授業料の不正徴収分を決算修正した際に、前受金として計上しなおしたが、当期に返金手続きを取ったため大幅に減少したものと思っています。
つまり一過性のキャッシュアウト(授業料の返還)に起因する営業CFマイナスであり、当期は確かに営業CFはマイナスかもしれませんが、翌期はこのような支出はなく、問題なく営業CFが計上されるはずです。
キャッシュフロー計算書は特別損失みたいな区分がないので、この点不利ですよね・・・

また、継続企業の前提は、

「合理的な期間(少なくとも貸借対照表日の翌日から1年間)にわたり企業が事業活動を継続できるかどうか」

という視点で検証するとあります。

これらの要素を全て勘案した場合、「なお重要な不確実性が認められる」とする判断になるはずがないと思っています。

★★★

長くなりましたが、

まとめると、

1:黒字転換・・・確実(決算発表4月14日)
2:注意銘柄解除・・・確実(しかし審査期間が必要なためもう少しかかりそう。)
3:継続企業疑義注記の解除・・・ほぼ確実(当期の営業CFは赤字でも、対応策で手元資金が確保され、継続的なマイナスは見込まれないため、不確実性は解消されていると判断可能)
4:復配・・・東証の審査の関係で当期は難しそう。

とこんな感じで思ってます。
上記分析は、結構時間かけて調べたのでそれなりに自信はあります。

ただ・・・

株価がどこまで何を織り込んでいるかがわからないので、これ以上の買い増し(現在6,600株)は避けようかなとは思っています。いい材料が出たとしても、織り込まれてたら出尽くしで暴落の可能性もありますからね・・・。


さてさて、どうなることかわかりませんが、現物なので気長にそのときを待つことにします。
記事が参考になりましたらクリックお願いいたします。

(株初心者)   (サラリーマン投資家)
2015/03/14 22:58 分析 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kabuyokinfx.blog114.fc2.com/tb.php/1594-c64587d1
プロフィール

ライト

Author:ライト
30歳のサラリーマンです。社会の荒波にもまれながらも、株で資産運用してます。2008年に結婚したため、今は住宅ローン控除が切れる前に早期一括返済することが目標です。

リンク
↓マウスONで紹介文を表示↓
相互リンク大歓迎です♪
FC2カウンター
ブックマークに追加
ブックマークに追加する
検索フォーム
フリーエリア
管理人愛用
私もやってます↓

参考過去記事:【FX自動売買】知らない間に儲かっていた


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
登録時30ptを獲得可能


参考過去記事: 【JALカード】メインクレジットカードに最適

楽天市場
車がないので、ネット通販は助かります。

出張のとき使ってます。
英語の勉強
管理人もやってます!
オンライン英会話レアジョブ


SponsoredLink


シドニーの人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター






ゼクシィStore〜結婚お返しギフト〜
お返しはカタログギフトにしました!

ブログアクセスアップル


WEBサイト構築
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。